研究キーワード:写真史、美術史、写真史、美術史
    (最終更新日:2022-07-29 09:46:54)
  イソタニ ユウスケ
  礒谷 有亮
   所属   京都産業大学  文化学部 国際文化学科
   職種   助教
業績
■ 学会発表
1. 2022/07/09 見られる文字、読まれる写真:『アルファベ』(1932)に見るタイポグラフィとフォトグラフィ(日仏美術学会第165回例会)
2. 2019/12/22 1937年のパリ万博ー「近代生活における芸術と技術」の「進歩」と「調和」ー(博覧会の歩みー'70万博への道ー)
3. 2019/05 1930年代のフランスにおける写真の位相:グラフィック・アート誌『アール・ゼ・メティエ・グラフィーク』を中心に(美術史学会全国大会)
4. 2018/09 A Subjective Objectif: Realisms and Art in Photography in France between the Two World Wars(Avant-Garde Realisms in 20th-Century Visual Culture and Literature, 1914-68)
5. 2016/02 Toward A Modern French Photography: From the New Vision to A Return to Order in PHOTOGRAPHIE(CAA Annual Conference)
全件表示(7件)
■ 著書・論文歴
1. 2022/06 その他  アナロジーの奇跡 : 写真の歴史    
2. 2020/03 論文  1920年代のフランスにおけるグラフィックアートの発展と写真の位置ー広告写真スタジオ、ストゥディオ・ドゥベルニー・エ・ペニョ(1929)ー 待兼山論叢 (53),1-27頁  
3. 2020/03 論文  1930年代のフランスにおける写真の位相:グラフィック・アート誌『アール・ゼ・メティエ・グラフィーク』を中心に 美術史 (188),237-252頁  
4. 2019/10 論文  Hein Gorny and Arts et Métiers Graphiques PHOTO: Hein Gorny pp.3-12  
5. 2019/09 論文  Arts et Métiers PHOTO-Graphiques: The Quest for Identity in French Photography between the Two World Wars City University of New York, The Graduate Center   
全件表示(10件)
経歴
■ 学歴
1. 2019/09
(学位取得)
ニューヨーク市立大学大学院センター 博士(美術史)
2. 2011/01~2019/09 ニューヨーク市立大学 大学院センター 博士課程美術史学科
3. 2009/04~2017/03 大阪大学大学院 文学研究科 博士後期課程
4. 2006/09~2007/06 マルク・ブロック大学(ストラスブール第二大学) 美術史学科修士課程 交換留学
5. 2006/04~2009/03 大阪大学大学院 文学研究科 博士前期課程
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 京都産業大学 文化学部 国際文化学科
2. 2020/04~ 京都産業大学 文化学部 国際文化学科 助教
3. 2019/04~2020/03 大阪大学 文学研究科 西洋美術史
4. 2018/09~2019/03 京都伝統工芸大学校
5. 2018/04~2018/08 大阪大学 全学教育推進機構
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. College Art Association
2. 日仏美術学会
3. 民族藝術学会
4. 美学会
5. 美術史学会
■ researchmap研究者コード
B000355709
その他
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2023/03  両世界大戦間期フランスの事例を中心とした写真の時代様式区分に関する制度批判的研究 若手研究 
2. 2019/04~2024/03  美術市場とその国際化に関する制度論的、交流史的研究。西洋から日本・アジアへの展開 基盤研究(A) 
3. 2016/10~2017/09  両大戦間期フランスにおけるドイツ前衛写真の受容と変容  
4. 2016/04~2017/03  Arts et Métiers PHOTO-Graphiques: The Quest for Identity in French Photography between the Two World Wars  
5. 2016/04~2017/03  紙面から壁面へ:両大戦間期のフランスにおける写真の受容・展示形態の変遷について  
全件表示(6件)
■ 講師・講演
1. 2016/12 紙面から壁面へ:両大戦間期のフランスにおける写真の受容・展示形態の変遷について
2. 2016/01 Arts et Métiers Graphiques: A Conduit for the New Photography in France
■ 受賞学術賞
1. 2021/05 美術史学会 『美術史』論文賞 (一九三〇年代のフランスにおける写真の位相—グラフィックアート誌『アール・ゼ・メティエ・グラフィーク』を中心に)
■ 現在の専門分野
美術史, 美術史, 美術史 (キーワード:写真史、美術史、写真史、美術史) 
科研
■ 担当経験のある科目
1. フランス語(京都産業大学)
2. 写真史(大阪大学、神戸大学、同志社大学、京都産業大学)
3. 英語(京都伝統工芸大学校)
4. 西洋美術史(大阪大学, 京都美術工芸大学, City University of New York)
■ researchmapその他
1. 2014/07 1970大阪万博の際に大林組が作成したアメリカ館の記録映画の翻訳・字幕作成(英→日)。この記録映画は同年のヴェネツィア建築ビエンナーレアメリカ館にて展示された。
2. 2018/09 同名の国際シンポジウムを共催した(於名古屋大学、9月28−29日)