(最終更新日:2021-09-21 23:03:53)
  マスダ マサノブ   MASUDA MASANOBU
  増田 将伸
   所属   京都産業大学  共通教育推進機構
   職種   准教授
業績
■ 学会発表
1. 2021 「独り言」による参与枠組みの変更―授業内グループワークでの教材読み上げの事例より―(第4回会話分析研究発表会)
2. 2019 Self-talk Creating a Participation Framework: Reading Text Aloud in Class Activities(The 16th International Pragmatics Conference)
3. 2019 言葉の読み上げによる参与構造の創発―授業内グループワークの事例から―(シンポジウム「日常会話コーパス」IV)
4. 2019 授業内グループワークでの言葉の読み上げ―参与役割および活動の進展に関する検討―(第2回会話分析研究発表会)
5. 2019 正解到達型グループワークにおける解答の不一致への対応(日本語用論学会第22回大会)
全件表示(48件)
■ 著書・論文歴
1. 2021 論文  必修英語科目におけるアイスブレイクの探索―継続的な教職連携による考察― 高等教育フォーラム (11),43-52頁 (共著) Link
2. 2020 論文  正解到達型グループワークにおける解答の不一致への対応 日本語用論学会大会発表論文集 (15),215-218頁 (単著) Link
3. 2018 著書  연세대언어정보연구원엮음『한중일언어를통해본삼국의사회와문화』(延世大学言語情報研究院(編)『韓中日の言語を通じて探ってみた三国の社会と文化』)   (共著) Link
4. 2018 著書  村田和代(編)『聞き手行動のコミュニケーション学』   (共著) Link
5. 2018 著書  平本毅・横森大輔・増田将伸・戸江哲理・城綾実(編)『会話分析の広がり』   (共著) Link
全件表示(25件)
経歴
■ 学歴
1. 2003/04~2008/03 京都大学大学院人間・環境学研究科 博士課程単位取得満期退学
2. 2011/07/25
(学位取得)
京都大学大学院人間・環境学研究科 博士
3. 1999/04~2003/03 京都大学法学部 卒業
■ 職歴
1. 2021/09~ 京都市立芸術大学 美術学部 非常勤講師(コミュニケーション論)
2. 2016/10~2019/09 国立国語研究所 共同研究員
3. 2016/04~2021/03 京都大学 国際高等教育院 非常勤講師(英語リーディング)
4. 2015/04~ 京都産業大学 共通教育推進機構 准教授
5. 2014/04~2019/03 龍谷大学 地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC) 客員研究員
全件表示(7件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2015 甲子園大学総合教育研究機構初年次教育委員会(編)Koshien University Campus Career File (第6版)
2. 2019 西谷敦子・伊藤恵一・大橋香苗・夜久容子・佐藤世津子・佐野真歩・淺田えり佳・増田将伸・James G.Wong著 Key Strategies for Success on the TOEIC® L&R Test(TOEIC® L&R テスト戦略的トレーニング):Level 400/500/600(3冊)Link
■ 所属学会
1. 社会言語科学会
2. 2007/04~2010/03 ∟ 研究大会委員
3. 2015/04~2019/03 ∟ 企画委員
4. 2015/04~2019/03 ∟ 事業委員
5. 2018/08~2020/03 ∟ 研究大会発表賞審査員
全件表示(15件)
その他
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/05~2019/03  相互行為における強調のはたらきの検討—応答におけるスタンス標識の使用を中心に— 特定課題研究 
2. 2018/04~2022/03  英語授業内活動における認識性交渉の会話分析とタスクデザインの提案 科学研究費補助金 基盤研究(C) Link
3. 2017/05~2018/03  日本語会話のスタンス標識のはたらきの記述的検討—意味論と語用論の交点として— 特定課題研究 
4. 2016/10~2019/09  会話における創発的参与構造の解明と類型化 競争的資金等の外部資金による研究 Link
5. 2014/04~2017/03  発話連鎖アノテーションに基づく対話過程のモデル化 科学研究費補助金 基盤研究(B) Link
全件表示(8件)
■ 講師・講演
1. 2019/03 会話分析の書き起こしの方法
■ 現在の専門分野
言語学, 外国語教育 (キーワード:語用論, 会話分析, 質問‐応答, 協働学習)