(最終更新日:2021-10-26 07:49:34)
  スギヤマ ユタカ   SUGIYAMA YUTAKA
  杉山 豊
   所属   京都産業大学  外国語学部 アジア言語学科
   職種   准教授
業績
■ 学会発表
1. 2021/10/23 『校註歌曲集』을 통해 살핀 前間恭作의 한국어사 연구의 일단면(2021년 민족어문학회 추계학술대회 ‘타자의 시선에 비친 한국어문학’)
2. 2021/10/09 韓國語史 研究와 傳統音樂 -音韻史 資料로서 본 歌曲의 價値-(2021 세계 한국어 한마당)
3. 2021/05/22 韓國語 音韻史 資料로서 본 歌曲文獻 ——聲調史 및 音樂史 研究에 對한 寄與의 可能性——(제1회 성균 한국어학 국제학술대회 ‘포스트 코로나 시대의 한국어학의 연구 방향과 발전 모색’)
4. 2019/12/21 15、16世紀朝鮮“漢文”讀法與朝鮮語文體淺析(第一届东亚地区汉字文化研究国际学术研讨会:汉字文化在亚洲地区的传播与环流)
5. 2019/10/05 16世紀末 校正廳 經書 諺解書 諺解文의 性格에 對한 考察 ——『論語諺解』를 例로——(第130次 大東漢文學會 國際學術會議, 2019年 秋季學術大會)
全件表示(15件)
■ 著書・論文歴
1. 2021/03 著書  『漢字を使った文化はどう広がっていたのか 東アジアの漢字漢文文化圏』(東アジア文化講座 第2巻)   (共著) 
2. 2021/03 著書  術数学の射程――東アジアの「知」の伝統――   (共著) 
3. 2020/09 論文  辭說 聲調의 投影으로서 보는 傳唱 歌曲 旋律 淺析 ——現行 男唱 羽調 二數大葉 · 中擧 · 平擧 · 頭擧를 例로—— 『京都産業大学総合学術研究所所報』 (15),79-95頁 (単著) 
4. 2019/07 その他  【研究Note】 特定課題研究 「朝鮮歌曲文献についての基礎的研究――朝鮮語アクセント史資料としての観点から――」 經過 報告書 ――『歌曲源流』 異本間의 男唱 羽調 二數大葉 連音標 對校―― 『京都産業大学総合学術研究所所報』 (14),89-112頁 (単著) 
5. 2018/03 論文  『杜詩諺解』 注釋文의 文體에 對하여 ―‘懸吐體’와 ‘諺語’― 한국문화 (81),35-59頁 (単著) 
全件表示(16件)
経歴
■ 学歴
1. 2009/03~2019/02 ソウル大学校 国語国文学科 国語学専攻 博士課程修了 文学博士
2. 2006/04~2008/03 東京外国語大学大学院 地域文化研究科 言語文化専攻(言語・情報学研究コース) 修士課程修了 修士(言語学)
その他
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2019/12 國語學會 一石國語學研究獎勵賞
■ 現在の専門分野
言語学 (キーワード:朝鮮語学、朝鮮語史、朝鮮語音韻史、文献学。)