研究キーワード:中緯度海洋と気候、新学術"hot spot"、A03-8班、予測可能性、寒冬・暖冬、WPパターン、WPバターン、冬季東アジアモンスーン、北極振動(AO)、シベリア高気圧、EUパターン、季節進行、中高緯度大気循環、ENSO、定常ロスビー波、大気再解析データ、海陸コントラスト、アリューシャン低気圧、北極振動・北大西洋振動、アイスランド低気圧、下層雲、成層圏突然昇温、気候変動、ストームトラック、惑星波、ブロッキング、地球温暖化、PJパターン・PNAパターン、台風、熱帯低気圧、熱帯低気圧、台風、PJパターン・PNAパターン、地球温暖化、ブロッキング、惑星波、ストームトラック、気候変動、成層圏突然昇温、下層雲、アイスランド低気圧、北極振動・北大西洋振動、アリューシャン低気圧、海陸コントラスト、大気再解析データ、定常ロスビー波、ENSO、中高緯度大気循環、季節進行、EUパターン、シベリア高気圧、北極振動(AO)、冬季東アジアモンスーン、WPバターン、WPパターン、寒冬・暖冬、予測可能性、A03-8班、新学術"hot spot"、中緯度海洋と気候、熱帯低気圧、台風、PJパターン・PNAパターン、地球温暖化、ブロッキング、惑星波、ストームトラック、気候変動、成層圏突然昇温、下層雲、アイスランド低気圧、北極振動・北大西洋振動、アリューシャン低気圧、海陸コントラスト、大気再解析データ、定常ロスビー波、ENSO、中高緯度大気循環、季節進行、EUパターン、シベリア高気圧、北極振動(AO)、冬季東アジアモンスーン、WPバターン、WPパターン、寒冬・暖冬、予測可能性、A03-8班、新学術"hot spot"、中緯度海洋と気候
    (最終更新日:2022-07-29 10:50:32)
  タカヤ コウタロウ   TAKAYA KOTARO
  高谷 康太郎
   所属   京都産業大学  理学部 宇宙物理・気象学科
   職種   教授
業績
■ 著書・論文歴
1. 2021/01 論文  Disparate Midlatitude Responses to the Eastern Pacific El Niño Journal of Climate 34(2),773-786頁  
2. 2019/10 論文  On the three-dimensional mass-weighted isentropic time mean equation for Rossby waves SOLA (doi:10.2151/sola.2019-035) 15,pp.193-197  
3. 2019/09 論文  冬季極東域における寒暖で分類したEl Niño 発生時の中高緯度大気の応答 京都大学防災研究所年報 62B(0),379-385頁  
4. 2018/09 論文  エル・ニーニョ時の対流圏上層の大気応答と日本の冬の寒暖の関係 京都大学防災研究所年報 61B(61),372-379頁  
5. 2018/03 論文  2015/16年に発生したEl Niño の事例解析 平成29年度「異常気象と長期変動」研究集会報告 105-110頁  
全件表示(76件)
経歴
■ 学歴
1.
(学位取得)
博士
■ 職歴
1. 独立行政法人海洋研究開発機構 主任研究員
2. 京都産業大学 理学部 宇宙物理・気象学科 理学部 物理科学科
3. 2007 -: (独)海洋研究開発機構 地球環境フロンティア研究センター 研究員
4. 2006~2010 : 独立行政法人海洋研究開発機構 研究員
5. 2006~2008 : 独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境フロンティア研究センター 研究員
■ 所属学会
1. 日本気象学会
その他
■ 現在の専門分野
大気水圏科学, 大気水圏科学, 大気水圏科学 (キーワード:中緯度海洋と気候、新学術"hot spot"、A03-8班、予測可能性、寒冬・暖冬、WPパターン、WPバターン、冬季東アジアモンスーン、北極振動(AO)、シベリア高気圧、EUパターン、季節進行、中高緯度大気循環、ENSO、定常ロスビー波、大気再解析データ、海陸コントラスト、アリューシャン低気圧、北極振動・北大西洋振動、アイスランド低気圧、下層雲、成層圏突然昇温、気候変動、ストームトラック、惑星波、ブロッキング、地球温暖化、PJパターン・PNAパターン、台風、熱帯低気圧、熱帯低気圧、台風、PJパターン・PNAパターン、地球温暖化、ブロッキング、惑星波、ストームトラック、気候変動、成層圏突然昇温、下層雲、アイスランド低気圧、北極振動・北大西洋振動、アリューシャン低気圧、海陸コントラスト、大気再解析データ、定常ロスビー波、ENSO、中高緯度大気循環、季節進行、EUパターン、シベリア高気圧、北極振動(AO)、冬季東アジアモンスーン、WPバターン、WPパターン、寒冬・暖冬、予測可能性、A03-8班、新学術"hot spot"、中緯度海洋と気候、熱帯低気圧、台風、PJパターン・PNAパターン、地球温暖化、ブロッキング、惑星波、ストームトラック、気候変動、成層圏突然昇温、下層雲、アイスランド低気圧、北極振動・北大西洋振動、アリューシャン低気圧、海陸コントラスト、大気再解析データ、定常ロスビー波、ENSO、中高緯度大気循環、季節進行、EUパターン、シベリア高気圧、北極振動(AO)、冬季東アジアモンスーン、WPバターン、WPパターン、寒冬・暖冬、予測可能性、A03-8班、新学術"hot spot"、中緯度海洋と気候)