研究キーワード:環境経済学、地球温暖化、気候変動緩和策、応用一般均衡分析、応用一般均衡分析、地球温暖化対策、排出量取引、炭素税、外国人労働受入の分析、応用一般均衡分析、地球温暖化対策、排出量取引、炭素税、外国人労働受入の分析
    (最終更新日:2022-07-29 09:51:47)
  タケダ シロウ   TAKEDA SHIRO
  武田 史郎
   所属   京都産業大学  経済学部 経済学科
   職種   教授
業績
■ 学会発表
1. A CGE Analysis of CO2 regulation and Renewable Energy Policy in Japan(The Sixth Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics (EAAERE) Kyushu Sangyo University, Fukuoka, Japan.)
2. CDMを利用した各国の排出量取引リンクの経済分析(環境経営学会,2011年度大会,跡見学園女子大学)
3. Labor Market Distortions and Welfare-Decreasing International Emissions Trading(The 5th Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics (EAAERE), 2015/08/05-08, Campus of Academia Sinica, Taipei, Taiwan)
4. Output-Based Allocation of Emissions Permits for Mitigating Carbon Leakage for the Japanese Economy(Fourth World Congress of Environmental and Resource Economists, June 28 to July 2, 2010, Montreal, Canada.)
5. “A Computable General Equilibrium Analysis of CO2 Regulation and Nuclear Phase-Out Policy in Japan(15th IAEE European Conference 2017, 'HEADING TOWARDS SUSTAINABLE ENERGY SYSTEMS: EVOLUTION OR REVOLUTION?'(Hofburg Congress Center, Vienna, Austria).)
全件表示(61件)
■ 著書・論文歴
1. 2022/03 論文  応用一般均衡モデルによるカーボンプライシングの地域別経済効果の分析 有村俊秀他・杉野誠・鷲津明由(編)『カーボンプライシングのフロンティア』,日本評論社,第2章 25-42頁  
2. 2021/01/29 論文  A computable general equilibrium analysis of environmental tax reform in Japan with a forward-looking dynamic model Sustainability Science 16(2),pp.503-521  
3. 2021 論文  Double Dividend of the Carbon Tax in Japan: Can We Increase Public Support for Carbon Pricing? Arimura T.H., Matsumoto S. (eds) Carbon Pricing in Japan. pp.235-255  
4. 2021 論文  The Competitiveness Issue of the Japanese Economy Under Carbon Pricing: A Computable General Equilibrium Analysis of 2050 Arimura T.H., Matsumoto S. (eds) Carbon Pricing in Japan. pp.181-196  
5. 2019/09 論文  Labor Market Distortions and Welfare-Decreasing International Emissions Trading Environmental and Resource Economics 74(1),pp.271-293  
全件表示(44件)
経歴
■ 学歴
1. 2005/03
(学位取得)
一橋大学 博士(経済学)
2. 1999/04~2003/03 一橋大学 大学院経済学研究科博士後期課程 応用経済専攻
3. 1999/03
(学位取得)
早稲田大学 修士(経済学)
4. 1996/04~1999/03 早稲田大学 大学院経済学研究科修士課程
5. 1995/03
(学位取得)
早稲田大学 学士(経済学)
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 京都産業大学 経済学部
2. 2012/04~ 京都産業大学 経済学部
3. 2007/04~2012/03 関東学園大学 経済学部
4. 2005/04~2007/03 関東学園大学 経済学部
5. 2003/04~2005/03 関東学園大学 経済学部
■ 主要学科目
環境経済学
■ 所属学会
1. International Association of Energy Economics
2. エネルギー・資源学会
3. 日本国際経済学会
4. 日本経済学会
5. 環境科学会
全件表示(7件)
■ researchmap研究者コード
5000062400
その他
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2024/03  価格の硬直性を考慮した応用一般均衡モデルの開発とその応用 基盤研究(C) 
2. 2021/04~2024/03  国境炭素価格の制度設計とCO2排出削減効果:各国の気候変動対策に与える効果の研究 基盤研究(A) 
3. 2020/04  (分担)暗示的炭素価格を踏まえたカーボンプライシングの制度設計:効率性と地域経済間の公平性を目指して  
4. 2018/04~2021/03  応用一般均衡モデルによる日本の温暖化対策の経済的分析 基盤研究(C) 
5. 2017/04  (分担)カーボンプライシングの事後評価と長期的目標実現のための制度オプションの検討  
全件表示(14件)
■ ホームページ
   https://shirotakeda.github.io/ja/profile-ja.html
■ 受賞学術賞
1. 2010 環境経済・政策学会 環境経済政策学会・奨励賞
■ 現在の専門分野
経済政策, 環境政策、環境配慮型社会, 経済政策, 環境政策、環境配慮型社会, 経済政策, 環境政策、環境配慮型社会 (キーワード:環境経済学、地球温暖化、気候変動緩和策、応用一般均衡分析、応用一般均衡分析、地球温暖化対策、排出量取引、炭素税、外国人労働受入の分析、応用一般均衡分析、地球温暖化対策、排出量取引、炭素税、外国人労働受入の分析) 
科研
■ 科研費研究者番号
00364688
■ 担当経験のある科目
1. 3セメ基礎セミナー(京都産業大学・経済学部)
2. データ処理セミナー(京都産業大学・経済学部)
3. ミクロ経済学入門(京都産業大学・経済学部)
4. 入門セミナー(京都産業大学・経済学部)
5. 国際経済学(関東学園大学・経済学部)
全件表示(9件)