研究キーワード:ソースコード解析,バースマーク分析,プログラム保護,動的解析、実証的ソフトウェア工学、動的解析、ソフトウェアプロテクション、ソフトウェアバースマーク、プログラム理解、実証的ソフトウェア工学、動的解析、ソフトウェアプロテクション、ソフトウェアバースマーク、プログラム理解
    (最終更新日:2022-07-29 10:55:06)
  タマダ ハルアキ   TAMADA HARUAKI
  玉田 春昭
   所属   京都産業大学  情報理工学部 情報理工学科
   職種   准教授
業績
■ 学会発表
1. 2015 Fu-Rin-Ka-Zan: Quantitative Analysis of Developers' Characteristics based on Project Historical Data(the 3rd International Conference on Applied Computing & Information Technology (ACIT 2015))
2. 2015 ゲーム理論による開発者特性を考慮したチームビルディング(第187回 ソフトウェア工学研究発表会(情報処理学会))
3. 2015 コーディングスタイルの特徴量を用いた初心者プログラマーを対象にした著者解析(2015年暗号と情報セキュリティシンポジウム)
4. 2015 コーディングスタイルを基にした初心者プログラマ向けの著者解析(第187回 ソフトウェア工学研究発表会(情報処理学会))
5. 2015 ソフトウェア開発者の特性計測のための尺度作成に向けて(ウィンターワークショップ 2015 in 宜野湾)
全件表示(60件)
■ 著書・論文歴
1. 2020/07 論文  Capturing Spotaneous Software Evolution in a Social Coding Platform with Project-as-a-City Concept International Journal of Software Innovation 8(3),35-50頁  
2. 2019/09 論文  自発的ソフトウェア進化を促すプロジェクト状態の推定 日本機械学会 第 29 回設計工学・システム部門講演会 (2413)  
3. 2019/07 論文  Characterizing Project Evolution on a Social Coding Platform 20th IEEE-ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel Distributed Computing (SNPD2019) pp.525-532  
4. 2019/01 その他  オペコードの編集距離を用いたJVM向け難読化ツールの難読化性能の評価 2019年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2019)予稿集 (講演番号3D2-1)   
5. 2018/11 その他  難読化されたJavaバイトコードに対するシンボリック実行攻撃の困難さ評価の検討 ソフトウェア工学の基礎XXV,ソフトウェア工学の基礎ワークショップFOSE2018 151-152頁  
全件表示(74件)
経歴
■ 学歴
1.
(学位取得)
京都産業大学 修士(情報通信工学)
2.
(学位取得)
奈良先端科学技術大学院大学 博士(工学)
3. ~2006 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報システム学専攻
4. ~2001 京都産業大学大学院 工学研究科 情報通信工学専攻
5. ~1999 京都産業大学 工学部 情報通信工学科
■ 職歴
1. 京都産業大学 情報理工学部
2. 2013/04 ~ 京都産業大学 コンピュータ理工学部 准教授
3. 2008/04~2013/03 京都産業大学 コンピュータ理工学部 助教
4. 2007/04~2008/03 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 特任助教
5. 2006/10~2007/03 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 特任助手
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. IEEE
2. 情報処理学会
3. 電子情報通信学会
その他
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2019/03  名前難読化の評価指標の確立  
2. 2014~2015  ゲーム理論による開発動向の理解 ―風林火山タイプ別開発者の攻防―  
3. 2013~2015  Java言語を対象とした動的多様化技術  
4. 2008~2012  バースマーク評価技術の確立  
■ ホームページ
   http://tamada.github.io/
■ 受賞学術賞
1. 2012 Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Haruaki Tamada, Hiroshi Igaki, and Norihiro Yoshida, "Best Student Paper Award," 4th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, October 2012.
■ 現在の専門分野
ソフトウェア, 情報セキュリティ, 学習支援システム, ソフトウェア保護, ソフトウェア, 学習支援システム, ソフトウェア保護, ソフトウェア (キーワード:ソースコード解析,バースマーク分析,プログラム保護,動的解析、実証的ソフトウェア工学、動的解析、ソフトウェアプロテクション、ソフトウェアバースマーク、プログラム理解、実証的ソフトウェア工学、動的解析、ソフトウェアプロテクション、ソフトウェアバースマーク、プログラム理解) 
■ 取得特許
1. 2011/01/28 プログラム変換装置,呼出し支援装置,それらの方法およびそれらのコンピュータ・プログラム(特許4669934)
科研
■ 担当経験のある科目
1. AiBiC Spiral(大阪大学他)
2. Cloud Spiral(Webアプリケーション(サーバ))(大阪大学)
3. インターンシップ3(京都産業大学)
4. ソフトウェア工学I(京都産業大学)
5. ソフトウェア設計学(岡山大学)
全件表示(6件)