(最終更新日:2021-10-11 17:48:00)
  シマ ノリオ   SHIMA NORIO
  島 憲男
   所属   京都産業大学  外国語学部 ヨーロッパ言語学科
   職種   教授
業績
■ 学会発表
1. 2021/09/18 宮沢賢治のドイツ語訳テキストに生起するドイツ語構文の機能的役割:結果構文と同族目的語構文を中心に(京都ドイツ語学研究会 第104回例会)
2. 2021/02/24 ドイツ語の構文研究:構文のネットワーク構造解明を目指して(外国語学部 第2回 研究交流会)
3. 2020/10/07 ドイツ語の構文研究:結果構文のネットワーク構造を中心に(ことばの科学研究センター 第2回研究会)
4. 2016/04 難民問題とドイツの難民受け入れについて ―これまでの経緯と現状―(Crossroads Forum 2016-04 <難民>と<市民>)
5. 2015/09 "Einheitliche und vielgestaltige Manifestationen der Resultativen Konstruktionen in ausgewählten deutschen und japanischen Texten aus grammatisch-funktionaler Perspektive."(50.Linguistisches Kolloquium)
全件表示(31件)
■ 著書・論文歴
1. 2021/07 論文  ドイツ語の文法的構文ネットワーク:結果構文と構文研究 京都産業大学 総合学術研究所所報 (16),25-48頁 (単著) 
2. 2020/03 論文  Strukturierungen und Erweiterungen der Resultativen Konstruktionen im Deutschen: unter besonderer Berücksichtigung der Transitivität des Hauptverbs und des Resultativen Prädikates 京都産業大学論集 人文科学系列 (53),153-166頁 (単著) 
3. 2019/07 論文  Wie können grammatische Konstruktionen miteinander verbunden werden? Funktionale Korrelation zwischen Kognaten Objekten und Resultativen Prädikaten. 京都産業大学 総合学術研究所所報 (14),31-45頁 (単著) 
4. 2019/05 論文  構文間の機能的関連性: 内在的目的語を持つ表現と結果述語を持つ表現をむすぶもの Sprachwissenschaft Kyoto (18),31-43頁 (単著) 
5. 2018/11 論文  "Resultative Konstruktionen als Wahrnehmungsmechanismus" Sprache verstehen, verwenden, übersetzen: Akten des 50. Linguistischen Kolloquiums in Innsbruck 2015 359-363頁 (共著) 
全件表示(52件)
経歴
■ 所属学会
1. ドイツ語教育部会
2. ドイツ文法理論研究会
3. 2014~ ∟ 編集委員
4. 京都ドイツ語学研究会
5. 日本独文学会
その他
■ メールアドレス
  kyoin_mail
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
言語学, 外国語教育 (キーワード:ドイツ語学(意味論・文法論)、対照言語学(独日英語の構文研究)、言語類型論・一般言語学)