(最終更新日:2021-10-01 07:43:12)
  イワモト セイゴ   IWAMOTO SEIGO
  岩本 誠吾
   所属   京都産業大学  法学部 法政策学科
   職種   教授
業績
■ 学会発表
1. 2018/12/02 特定通常兵器条約の拡大とその限界(国際安全保障学会 学会報告)
2. 2018/11/19 一帯一路と国際法(中国・上海社会科学院国際ワークショップ「一帯一路の歴史的・現実的意義)
3. 2018/09/04 AI・ロボット兵器と国際法規制の方向性(国際法学会 学会報告)
4. 2016/11/19 朝鮮半島の非核化に向けて(中国・上海社会科学院主催国際シンポジウム「北東アジア政治情勢の変化:朝鮮と協力」)
5. 2016/07/02 ドローンの法規制:現状と今後の動向(京都産業大学グローバル公共財研究センター設立記念シンポジウム)
全件表示(20件)
■ 著書・論文歴
1. 2021/10 その他  標的情報収集より困難に 毎日新聞2021年10月1日付8面  (単著) 
2. 2021/08 その他  機械による殺人は許されるか―「AI兵器」規制をめぐる国際論争の現状と展望 新潮社フォーサイト国際情報サイト(電子版) 2021年8月30日  (単著) 
3. 2021/03 論文  第4章 AI兵器と国際法と倫理規範 弥永真生・山田剛志編著『AI・DXが変える現代社会と法』所収 75-113頁 (単著) 
4. 2021/03 論文  標的殺害のための武装ドローンの使用に関する国際法的評価ー国際人権理事会報告を素材としてー 京都産業大学世界問題研究所紀要 36,1-31頁 (単著) 
5. 2020/02 論文  特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の成立過程
ー軍事大国と弱小国の相克と妥協ー 榎本珠良編著『禁忌の兵器ーパーリアウェポンの系譜学ー』所収  (単著) 
全件表示(126件)
経歴
■ 学歴
1. 1982/04~1985/03 神戸大学 法学研究科 公法 博士課程単位取得満期退学
2. 1980/04~1982/03 広島大学 修士課程修了 修士(法学)
3. 1975/04~1980/03 新潟大学 法文学部 法律学科 卒業 法学士
■ 所属学会
1. 2013/10~ 日本軍縮学会
2. 2013/04~ International Law Association, Japan Branch (国際法協会日本支部)
3. 2001/05~ 防衛法学会
4. 1988/12~ 国際人権法学会
5. 1987/05~ 国際安全保障学会
全件表示(8件)
その他
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2021/03  安全保障貿易管理の法秩序:安全保障と国際経済の均衡点の分析と実務提言 基盤研究A (キーワード:武器貿易、通常兵器)
2. 2016/04~2019/03  革新的技術の国際法政治経済への影響の分析:技術開発と国際規制のための新学術基盤 その他の補助金・助成金 (キーワード:グローバル公共財、)
3. 2015/04~2018/03  科学技術革新と武力紛争形態の変容:新しい戦闘に対する国際法整備のための学際研究 基盤研究B(特設分野研究) (キーワード:ロボット兵器、無人航空機(ドローン)、サイバー攻撃、国際人道法)
4. 1997/04~1999/03  国際人道法における通常兵器規制の新展開 基盤研究C-2 (キーワード:国際人道法 通常兵器)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2012 防衛大臣表彰(個人、教育功労)
2. 1994 防衛学会会長賞(神谷賞)
■ 現在の専門分野
国際法学 (キーワード:国際法)