photo
    (最終更新日:2021-11-14 10:44:51)
  フジノ アツコ   FUJINO ATSUKO
  藤野 敦子
   所属   京都産業大学  現代社会学部 現代社会学科
   職種   教授
業績
■ 学会発表
1. 2021/06/05 夫の「単身赴任」の経験が夫婦関係に与える影響―傾向スコアを用いた比較分析から―(関西社会学会第72回大会)
2. 2020/11/15 日本型雇用と家族:転勤による単身赴任は夫婦関係、子供数に影響を与えているのか?(日本人口学会第72回大会)
3. 2020/09/27 「(既婚)男性の単身赴任」 ~カップルの関係性から~(日本ジェンダー学会24回大会)
4. 2019/11/03 日本社会における「男性性」のゆらぎ研究プロジェクト「日本的雇用と家族 夫の転勤は夫婦の関係性・子供数に影響を与えているのか?」(東アジア日本研究者協議会第4回国際学術大会)
5. 2018/07/15 フランス社会の生(性)と死(日本笑い学会第25回大会 シンポジウム「笑いと超高齢社会~笑って介護、笑って終活」)
全件表示(27件)
■ 著書・論文歴
1. 2022/01 著書  フランスのフェミニズムの流れ ‐パリテ法との関連において‐ フランスに学ぶジェンダー平等の推進と日本のこれから  (共著) 
2. 2021/10 論文  夫の「単身赴任」の経験が夫婦関係に与える影響- 一般化傾向スコアを用いた分析 - 日本ジェンダー研究 (24),2-14頁 (単著) 
3. 2021/03 その他  フランスに学ぶパリテ法の成果と課題    
4. 2019/03 論文  若年非正規雇用者の出生意欲は低いのか? 京都産業大学論集 社会科学系列 (36),37-73頁 (単著) 
5. 2017/09 論文  『男女雇用機会均等法』の転勤要件にかかる課題―「夫の転勤・単身赴任アンケート」による女性就労・家庭生活の実態を通して 日本ジェンダー研究 (20),1-14頁 (単著) 
全件表示(39件)
経歴
■ 学歴
1. 1986/04~1990/03 大阪大学 経済学部 経営学科 卒業 学士
2. 1992/04~1994/03 大阪大学大学院 経済学研究科前期課程 経済学 修士課程修了 修士
3. 1992/04~1996/06 大阪大学大学院 経済学研究科 経済学 博士課程中退
4. 1990/04~1992/03 神戸大学 法学部 中退
5. 1994/09~1996/06 L’Institut Catholique de Paris
全件表示(7件)
■ 職歴
1. 2014/04~2016/03 京都産業大学 経済学部・経済学研究科 教授
2. 2007/04~2014/03 京都産業大学 経済学部 准教授
3. 2009/08~2010/07 Université de Paris Ouest Nanterre La Défance, La Faculté de Sociologie 研究員
4. 2004/04~2007/03 京都産業大学 経済学部 専任講師
5. 2003/04~2004/03 財団法人 兵庫県21世紀ヒューマンケア研究機構 家庭問題研究所 研究員
全件表示(6件)
■ 学内役職・委員
1. 2015/10/01~2016/03/31 京都産業大学 所長
2. 2016/04/01~2017/03/31 京都産業大学 室長
3. 2017/04/01~2021/03/31 京都産業大学 現代社会学部長
4. 2021/04/01~ 京都産業大学 所長
■ 教育上の能力
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 河合塾 みらいぶっくLink
■ 主要学科目
労働経済学特論A(大学院)、労働経済学特論B(大学院)、家族社会学(学部)、人口社会学(学部)、データ分析(学部)、社会統計学(学部)、セクシュアリティ論(学部)
■ 所属学会
1. 日本ジェンダー学会
2. ∟ 理事
3. 日本経済学会
4. 日本人口学会
5. 2021/04~ 関西社会学会
全件表示(7件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2014/10/01~2015/03/31 国際交流センター長
2. 2015/04/01~2017/03/31 現代社会学部設置準備室長
3. 2017/04/01~2021/03/31 現代社会学部 学部長
4. 2021/04/01~ 教育支援研究開発センター長
■ 資格・免許
1. 1996/04 Certificat Pratique de Français Commercial et Économique
2. 2015/10/01 専門社会調査士
その他
■ 社会における活動
1. 2021/02 コロナ禍を女性や若者に不利なシステムを変える契機にするべきLink
2. 2021/01 海外比較でわかる“はたらく”のこれからLink
3. 2020/12 人権とジェンダーを考えるLink
4. 2020/03 専門家インタビュー 今「仕事選び」が平等でないのはどうして?Link
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2022/03  日本的雇用システム、特に「転勤」が家族形成や女性のキャリア形成等に与える影響 基盤研究C 
2. 2014~2017  日本的雇用システムが夫婦の関係性、家族形成に与える影響―フランスとの比較において 基盤研究C 
3. 2011~2013  グローバル化、雇用流動化及び働き方の家族形成や家族規模に対する影響 基盤研究C 
4. 2008~2010  経済統合及び人口減少下における雇用戦略と社会保障の連携及び家族政策の可能性に関する国際比較研究 厚生労働省科学研究費 
5. 2008~2011  就業形態の多様化に関する総合実態調査 その他の補助金・助成金 
全件表示(9件)
■ 講師・講演
1. 2021/06/20 日本のジェンダー問題の核心を問う~ジェンダー平等の遅れの理由と私たちの課題・展望~(滋賀県立男女共同参画センター)Link
2. 2021/02/05 男性も育児休業を取る時代:男性の育児休業を阻む理由は意外なところにもあった(奈良)
3. 2020/02/03 フランスの食文化とリヨンの料理店(京都産業大学 むすびわざ館)
4. 2018/12/20 家族とは何か:家族から地域社会を考える(京都市北区役所)
5. 2018/11/30 「男性の育児休業の取得促進はなぜ重要か?フランス・スウェーデンの状況から(滋賀県 ピアザ淡海 滋賀県立県民交流センター)
全件表示(26件)
■ 委員会・協会等
1. 2020/04/01~ 滋賀県男女共同参画審議会 審議委員
2. 2020/04~ 京都市はぐくみ推進審議会 審議委員
3. 2018/04~ 京都市男女共同参画審議会 委員
4. 2017/10~ 社会福祉法人京都ルーテル会のぞみ保育園・マリア保育園 評議員・運営委員
5. 2016/04~2020/03/31 京都市北区まちづくり会議 委員
全件表示(15件)
■ ホームページ
   http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~afujino/
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
公共経済、労働経済, 経済政策, 社会学, ジェンダー (キーワード:労働経済学、人口学、ジェンダー) 
科研
■ 科研費研究者番号
50387990
■ 担当経験のある科目
1. ジェンダー論(京都産業大学文化学部)
2. セクシュアリティ論(京都産業大学現代社会学部)
3. データ分析(京都産業大学現代社会学部)
4. フランス語経済セミナー(京都産業大学経済学部)
5. ワーク・ライフ・バランス入門(京都産業大学経済学部)
全件表示(15件)