(最終更新日:2020-04-04 01:15:14)
  ニシタニ アツコ   NISHITANI ATSUKO
  西谷 敦子
   所属   京都産業大学  共通教育推進機構
   職種   教授
業績
■ 学会発表
1. 2019/11/16 授業での到達度が英語の熟達度の伸びに及ぼす影響の検証ー潜在成長曲線を用いた試み(JACET関西支部大会)
2. 2018/11/17 Examining the Grammatical Difficulty Order Obtained from a Sentence Repetition Test: Is It in Accord With Processability Theory or the Order Obtained from Written Tests?(JACET関西支部秋季大会)
3. 2016/06/25 大学共通教育必修英語カリキュラムにおける少人数制TOEICクラスの導入(JACET関西支部春季大会)
4. 2016/03/06 京都産業大学における共通教育必修英語の新たな展開:【序章】教員主体のFDを基盤とした学生主体の授業(第21回FDフォーラム)
5. 2012/11/24 A Rasch Analysis of Grammatical Difficulty: What Influences Item Difficulty(JACET関西支部秋季大会)
全件表示(7件)
■ 著書・論文歴
1. 2020 論文  Examining Grammatical Difficulty Obtained from Written Tests, Sentence Repetition, and Processability Theory  (22),pp.68-87 (単著) 
2. 2019 論文  Comparing the Order of Difficulty and the Order of Appearance in Textbooks: Do Easy Grammar Points Appear Early in Textbooks? NIDABA (48),pp.80-89 (単著) 
3. 2014 論文  A Rasch analysis of grammatical difficulty: What influences item difficulty? JACET Kansai Journal (16),pp.50-70 (単著) 
4. 2014 論文  A Rasch analysis of TOEIC Reading Items 京都産業大学 総合学術研究所所報 (9),pp.1-15 (単著) 
5. 2013 論文  A Rasch analysis of TOEIC item difficulty 京都産業大学 総合学術研究所所報 (8),pp.137-144 (単著) 
全件表示(14件)
経歴
■ 学歴
1.
(学位取得)
テンプル大学大学院 博士(教育学)
2.
(学位取得)
ブリガムヤング大学大学院 修士 (M.A. in TESL)
■ 職歴
1. 2013/04~ 京都産業大学 共通教育推進機構 教授
2. 2007/04~2013/03 京都産業大学 外国語学部 英米語学科 准教授
3. 2003/04~2007/03 京都産業大学 外国語学部 英米語学科 講師
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2019 Key Strategies for Success on the TOEIC L&R Test(TOEIC L&R テスト戦略的トレーニング) シリーズ (Level 600, 500, 400) (共著)
2. 2018 新訂版 TOEICテスト 文法・読解頻出ポイント(共著)
3. 2008 新TOEICテスト 文法・読解頻出ポイント
4. 2003 TOEICテスト 頻出文法13ポイント(単著)
5. 2000 10日間でらくらくクリア 英検2級リーディング(単著)
全件表示(7件)
■ 所属学会
1. 大学英語教育学会 (JACET)
2. 全国語学教育学会 (JALT)
3. 関西英語教育学会
4. 全国英語教育学会
5. 西日本言語学会
全件表示(6件)
その他
■ 社会における活動
1. 2018/07 大学教職員対象 TOEIC Listening & Reading 攻略セミナー
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019~  英文復唱テストによる文法習熟度の検証ー処理可能性理論と比較して 基盤研究 (C) 
2. 2013~2016  英文法問題における項目難易度の差を探る ― ラッシュ分析とインタビューを用いて 基盤研究(C) 
3. 2010~2012  ラッシュ分析による英文法の項目難易度と順位の検証 基盤研究(C) 
■ 現在の専門分野
外国語教育