(最終更新日:2018-10-29 22:36:07)
  タカハシ マリ   TAKAHASHI MARI
  髙橋 眞理
   所属   京都産業大学  外国語学部 英語学科
   職種   教授
業績
■ 学会発表
1. 2003 The Selection between Free Verbs and Bound Verbs inside Temporal Adverbials in Japanese(阪大英文学会第36回大会)
■ 著書・論文歴
1. 2004 論文  The Mechanism of the Selection between Free Verbs and Bound Verbs inside Temporal Adverbials in Japanese 言葉のからくり-河上誓作教授退官記念論文集-, 英宝社, 4-269-76008-7  (単著) 
2. 2001 論文  日本語の拘束動詞文と自由動詞文の発音の違いについて 月刊言語 Vol.30(No.10),p.70-76頁 (単著) 
3. 2000 論文  On the Adverb + Su Construction in Japanese Studies in Language Sciences (1),pp.p.39-50 (単著) 
4. 2000 論文  The Syntax and Morphology of Japanese Verbal Nouns University of Massachusetts at Amherst, Doctoral Dissertation  (単著) 
5. 1998 論文  The Acquisition of the Subject Orientation and the Long-distance Property of the Anaphor Zibun in Japanese 文部省科学研究費補助金重点領域研究(1)「認知・言語の成立」研究成果報告書 pp.p.13-65 (単著) 
全件表示(13件)
経歴
■ 学歴
1.
(学位取得)
Doctor of Philosophy(University of Massachusetts at Amherst) 博士(Ph.D.)
2.
(学位取得)
文学修士(大阪大学大学院) 修士
■ 所属学会
1. Linguistic Society of America
2. 日本英語学会
その他
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2022/03  動詞句省略の生起メカニズムと認可条件を探る:日・英語比較研究 基盤研究(C) 
2. 2015  動詞句・形容詞句省略と代用の生起メカニズム・認可条件を探る:日・英語比較研究 その他の補助金・助成金 
3. 2010~2014  日・英語動詞句省略比較研究 基盤研究(C) 
4. 2006~2009  語彙的統語範疇決定のメカニズムを探る:日・英語比較研究 基盤研究(C) 
5. 1997~2000  Syntactic and Morphological Analysis of Japanese and English 特定領域研究(A)「115」言語発達公募班 
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
言語学 (キーワード:言語学)