研究キーワード:細胞増殖因子 VEGF FGF FGF receptor Neuropilin がん シグナル伝達 分子標的薬 カルマン症候群 anosmin-1
    (最終更新日:2022-10-17 17:54:00)
  セオ ミスズ   SEO MISUZU
  瀬尾 美鈴
   所属   京都産業大学  生命科学部 先端生命科学科
   職種   教授
業績
■ 学会発表
1. 2022/05/28 VEGF-A/NRP1シグナル阻害剤によるグリオブラストーマの増殖阻害効果(第68回日本生化学会近畿支部例会)
2. 2022/05/28 ⼤腸がんのオルガノイド培養系の確⽴とFGFR3 発現による抗がん剤耐性の解析(第68回日本生化学会近畿支部例会)
3. 2021/05/29 Inhibition of VEGF-A-NRP1 signaling pathway that promotes cancer cells invasion by RNA interference.(第67回日本生化学会近畿支部例会)
4. 2021/05/29 大腸がん細胞におけるFGFR3発現と抗がん剤耐性獲得(第67回日本生化学会近畿支部例会)
5. 2020/09/15 FGFR3発現による大腸がん悪性化メカニズムの解明.(第93回日本生化学会大会)
全件表示(110件)
■ 著書・論文歴
1. 2013/05 論文  Submicroscopic deletion involving the fibroblast growth factor receptor 1 gene in a patient with combined pituitary hormone deficiency. Endocrine Journal 60(8),pp.1013-1020 (共著) 
2. 2001/11 論文  Fibroblast growth factor receptor 3 lacking the Ig IIIb and transmembrane domains secreted from human squamous cell carcinoma DJM-1 binds to FGFs. Molecular Cell Biology Research Communications. 4(6),pp.365-373 (共著) 
3. 1982/06 論文  Characterization of hexokinase isoenzyme types I and II in ascites tumor cells by an interaction with mitochondrial membrane. Molecular and Cellular Biochemistry 45(2),pp.151-157 (共著) 
経歴
■ 学歴
1. 1984/03/15
(学位取得)
京都大学 薬学博士
2. 1976/04~1978/03 広島大学大学院 薬学研究科 修士(薬学) 修士課程修了 修士(薬学)
3. 1972/04~1976/03 広島大学 医学部 薬学科 卒業 学士(薬学)
■ 職歴
1. 2019/04~ 京都産業大学 生命科学部 先端生命科学科 教授
2. 2010/04~2019/03 京都産業大学 総合生命科学部 生命システム学科 教授
3. 2005/05~2006/02 ハーバード大学医学部、附属病院ボストン小児病院 血管生物学プログラム 客員教授(ハーバード大学医学部),リサーチアソーシエイト(ボストン小児病院)
4. 2002/04~2010/03 京都産業大学 工学研究科 生物工学専攻 教授
5. 1989/04~2002/03 京都産業大学 工学研究科 生物工学専攻 准教授
全件表示(9件)
■ 学内役職・委員
1. 2006/10/01~2008/09/30 京都産業大学 国際交流センター長
2. 2010/10/01~2012/09/30 京都産業大学 図書館長
■ 主要学科目
分子生物学、薬理学・毒性学、先端生命科学演習5、生物学実験、先端生命科学実習2、病気とくすり入門
■ 所属学会
1. Japanese association for the Biochemistry
2. 日本がん分子標的治療学会
3. 日本分子生物学会
4. 日本生化学会
5. 2002~ ∟ 評議員
全件表示(7件)
■ researchmap研究者コード
1000104001
■ 資格・免許
1. 1976/04 薬剤師免許取得
その他
■ 社会における活動
1. 2019/06 「座談会」幸せキャリアアップ実践法
2. 2015/07 その話題、Deepにズキューン(7/7〜7/ 28,4回放送)
3. 2015/05 「注目の新薬」副作用が減少!?がん細胞をピンポイントで攻撃する新薬
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~  代謝異常を伴うGnRH分泌不全の分子機構の解明:FGFシグナル伝達経路に着目して 基盤研究(C)一般 (キーワード:先天性中枢性性腺機能低下症、ゴナドトロピン、FGF21、FGFR1変異、β-Klotho、糖脂質代謝異常)Link
2. 2018/04~2021/03  フォスフォジエステラーゼ3A遺伝子は小児期の成長と思春期発来に関与する遺伝子か? 基盤研究(C)一般 (キーワード:先天性低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 、 低身長症 、 思春期発来)Link
3. 2017/04~2020/03  食道がん悪性化におけるFGFR3IIIcの分子メカニズム解析 基盤研究(C)一般 (キーワード:食道がん / 線維芽細胞増殖因子受容体3 / がん悪性化 / 抗がん剤耐性 / 選択的スプライシング / 線維芽細胞増殖因子受容体、予後 、 フルオロウラシル 、 MEK阻害剤、FGFR3IIIc 、 スプライシング 、 ドセタキセル 、全生存期間 、 リン酸化型AKT 、 転移 、 早期発見)Link
4. 2015/04~2018/03  先天性中枢性性腺機能低下症に伴う糖・脂質代謝異常症における新規疾患成立機序の解明 基盤研究(C)一般 (キーワード:中枢性性腺機能低下症 、糖脂質代謝異常 、 遺伝子解析)Link
5. 2012/04~2015/03  男子先天性中枢性性腺機能低下症患者の新しい診断法の開発と治療ガイドラインの作成 学術研究助成基金助成金 (キーワード:先天性中枢性性腺機能低下症、ゴナドトロピン療法、治療ガイドライン、二次性徴、妊孕性獲得、FGFR1変異、次世代シーケンサー)Link
全件表示(10件)
■ 委員会・協会等
1. 2019/02/13~ 日本生化学会「生化学会誌」企画委員会 企画委員
2. 2018/07~2022/03 日本生化学会男女共同参画推進委員会 委員
3. 2011/10/01~ 日本生化学会近畿支部 幹事会 幹事
4. 2002/04~ 日本生化学会 評議員
5. 2001/04/01~ 京都府発明等功労表彰委員会 審査委員
■ 現在の専門分野
神経科学一般, 機能生物化学, 分子生物学, 細胞生物学, 応用分子細胞生物学, 薬系衛生、生物化学 (キーワード:細胞増殖因子 VEGF FGF FGF receptor Neuropilin がん シグナル伝達 分子標的薬 カルマン症候群 anosmin-1)