(最終更新日:2017-10-13 13:07:06)
  シノハラ ケンイチ   SHINOHARA KENICHI
  篠原 健一
   所属   京都産業大学  経営学部 ソーシャル・マネジメント学科
   職種   教授
業績
■ 学会発表
1. 2016 Kenichi Shinohara (2016) "The Evolution and Current State of Work Organization Reform at General Motors: A Perspective from Japanese Automakers" (Martin Conference Center, Harvard University, Boston, USA)(Academic International Conference on Business, Marketing and Management,)
2. 2016 Kenichi Shinohara (2016), "An Evolution of Work Organization of the Automotive Industry: From the Perspective of Japanese Automobile Plants", 'Theme: Trends, Opportunities, and Challenges in Global Market Place', (Da Vinci Villa Hotel, San Francisco, USA)(International Conference on Management, Business, and Economics & The 4th International Conference on Tourism, Transport, and Logistics 2016.)
■ 著書・論文歴
1. 2016/12 論文  「アメリカ自動車工場における作業組織改革の最前線と日本へのインプリケーション」 『組織科学』(特集号「人事・雇用システムの変化と安定」(招待論文、査読あり、組織学会) Vol.50(No.2,),pp. 43-54.頁  
2. 2016/09 論文  「今日の製造業と我が国がもつ強みと課題」 『グローバル時代の新しい日本的経営』松下資料館 pp.40-51.頁  
3. 2016 著書  第4章「組合支部活動の活性化と役員育成の課題:事例を巡って」仁田道夫編報告書『労

働組合の基礎的な活動実態に関する調査報告書』    
4. 2016 論文  An Evolution of Work Organization of the US Automobile Industry: From the Perspective of Japanese Automobile Plants International Journal of Management, Business, and 3(1),pp.pp.81-92  
5. 2015 著書  篠原健一、第4章「企業と従業員」、第7章「企業とサプライヤー」、佐々木利廣・大室悦賀編『入門・企業と社会』(中央経済社、2015年10月)    
全件表示(53件)
経歴
■ 学歴
1.
(学位取得)
同志社大学 修士(アメリカ研究)
2.
(学位取得)
同志社大学 博士(政策科学)
3.
(学位取得)
不明 -
■ 所属学会
1. Labor and Employment Research Association
2. 社会政策学会
3. 組織学会
4. 日本経営学会
5. 日本労使関係研究協会
全件表示(7件)
その他
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   Internationalization of Business Administration  
2.   Research on Work Organization  
3.   Study on work organization of American Automobile Indnstry  
4.   作業組織研究  
5.   自動車産業における作業組織に関する国際比較研究  
全件表示(6件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2005 冲永賞(第19回、(財)労働問題リサーチセンター)、著書部門
2. 2004 高宮賞(第20回、組織学会賞、著書部門)受賞
■ 現在の専門分野
経営学 (キーワード:経営管理論、雇用関係論、人的資源管理)