(最終更新日:2020-01-20 01:10:42)
  タカヤ コウタロウ   TAKAYA KOTARO
  高谷 康太郎
   所属   京都産業大学  理学部 宇宙物理・気象学科
   職種   教授
業績
■ 学会発表
1. 2018/09/05 位相依存性のないエネルギー変換の定式化の提案(3)(「波と平均流との相互作用」研究会)
2. 2018/08/23 北半球寒候期における惑星波形成の力学の提案(日独共同研究「Linkage: Novel understanding of polar-lower latitude climate linkages including the climate-stratospheric ozone feedback」に関するワークショップ)
3. 2017/12/23 冬季気候におけるアラスカ〜東シベリア領域の重要性について(北海道大学低温科学研究所共同研究「オホーツク海と相互に影響を及ぼしあうグローカル大気海洋諸現象」に関するワークショップ)
4. 2017/12/07 シベリア高気圧/冬季東アジアモンスーンの変動について – 上層の循環変動の視点から -(筑波大学大気科学分野木曜セミナー)
5. 2017/09/21 位相依存性のないエネルギー変換の定式化の提案(2)(「波と平均流との相互作用」研究会)
全件表示(28件)
■ 著書・論文歴
1. 2019/08 論文  On the Three Dimensional Mass-Weighted Isentropic Time Mean Equation for Rossby waves (共著) 
2. 2015 論文  A divergence-form wave-induced pressure inherent in the extension of the Eliassen-Palm theory to a three-dimensional framework for all waves at all latitudes. (共著) 
3. 2015 論文  Local SST impacts on the summertime Mascarene High variability (共著) 
4. 2015 論文  Oceanic fronts and jets around Japan: a review (共著) 
5. 2014 論文  An isentropic analysis of the temporal evolution of East Asian cold air outbreaks. (共著) 
全件表示(45件)
経歴
■ 学歴
1. 東京大学 地球科学研究科 博士課程修了 博士
2. 2002/03
(学位取得)
Amplification mechanisms of the Siberian High: Influence of stationary Rossby waves with surface baroclinicity
■ 所属学会
1. 日本気象学会
2. ∟ 監事 人材育成・男女共同参画委員会副委員長 学術委員会委員
その他
■ 講師・講演
1. 2018/05 異常気象はなぜおこる?(東京)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
大気水圏科学 (キーワード:中緯度海洋と気候、新学術"hot spot"、A03-8班、予測可能性、寒冬・暖冬、WPパターン、WPバターン、冬季東アジアモンスーン、北極振動(AO)、シベリア高気圧、EUパターン、季節進行、中高緯度大気循環、ENSO、定常ロスビー波、大気再解析データ、海陸コントラスト、アリューシャン低気圧、北極振動・北大西洋振動、アイスランド低気圧、下層雲、成層圏突然昇温、気候変動、ストームトラック、惑星波、ブロッキング、地球温暖化、PJパターン・PNAパターン、台風、熱帯低気圧)