研究キーワード:能楽、Cognition、美学、演劇学、能楽、Cognition、美学、演劇学、能楽
photo
    (最終更新日:2022-08-02 09:31:52)
  ペレツキア デイエゴ   PELLECCHIA DIEGO
  ペレッキア ディエゴ
   所属   京都産業大学  文化学部 京都文化学科
   職種   准教授
業績
■ 学会発表
1. 2022/03/17 Effects of Covid on Japanese theatre(J-Pest Pandeminars)
2. 2021/12/04 「不到観諸處」—空想を旅する能の物語—」(京都産業大学文化学部開設20周年記念シンポジウム)
3. 2020/11/15 Noh Amateurs: Practice and Practitioners((Re)Envisioning Contemporary Japanese Traditional Performing Arts through the Non-Professional)
4. 2020/11/14 能楽の魅力を再考察ー国際的視点からみる日本の伝統芸能(京都コンソーシアム大学・京都学講座)
5. 2020/02/21 Archiving and Utilization of Japanese Performing Arts Materials on JPARC (Japanese Performing Arts Research Consortium)(「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点」「2019年度成果発表会」)
全件表示(28件)
■ 著書・論文歴
1. 2022/07 論文  扇の影にて 展示会「扇の影にて」   
2. 2022/06 論文  Noh, an art of contrasts Noh Reimagined (King's Place, London)   
3. 2022/03 論文  The Face and the Mask Trame giapponesi - Costumi e storie del teatro nō   
4. 2021/03 その他  研究ノート 京都の能楽におけるコロナ禍の影響 : 現時点での考察 京都産業大学日本文化研究所紀要 26,153-158頁  
5. 2021/02 論文  Introducing Genzai Nō: Categorization and Conventions, With a Focus on Ataka and Mochizuki MIME Journal 27,pp.1-16  
全件表示(25件)
経歴
■ 学歴
1.
(学位取得)
ロンドン大学ロイヤルホロウエイ校 博士
2. 2007/09~2011/09 ロンドン大学ロイヤルホロウエイ校 演劇学部 博士課程
3. 1999/09~2006/09 ベローナ大学 外国語学部 英米文学
■ 職歴
1. 京都産業大学 文化学部
2. KCJS Kyoto Consortium for Japanese Studies
3. 2017/04~ 京都産業大学 文化学部 京都文化学科 准教授
4. 2017/04~ 京都産業大学 文化学部
5. 2016/04~2016/08 龍谷大学 国際交流センター
全件表示(8件)
■ 教育上の能力
●教育に関する発表
1. 2019/07/14 演目解説〈道成寺〉
2. 2019/09/03 An Introduction to Noh and Kyogen
3. 2019/10/04 演目解説〈高砂〉
■ 主要学科目
京都文化学科
■ 所属学会
1. AAP Association for Asian Performance
2. AAS Association for Asian Studies
3. EAJS European Association for Japanese Studies
4. IFTR International Federation for Theatre Research
5. ISEAS イタリア東方学研究所
全件表示(8件)
■ 資格・免許
1. 2011/06/15 Associate of the Higher Education Academy (英国)
2. 2020/01/01 シテ方金剛流師範
その他
■ 社会における活動
1. 2022/07 CiC live インタビュー
2. 2021/01 インタビュー
3. 2020/06 ソーシャルディスタンシング下の舞台
4. 2018/03 Interview
5. 2018/03 インタビュー
全件表示(8件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2025/03  能の「ことば」の包括的・領域横断的研究に向けたオンライン・リソース構築 基盤研究(A) 
2. 2019/04  能楽とデジタルヒューマニティーズ  
3. 2016/04~2020/03  能楽及び能楽研究の国際的定位と新たな参照標準確立のための基盤研究 基盤研究(B) 
4. 2014/04  Archiving and Utilization of Japanese Performing Arts Materials on GloPAD and JPARC  
5. 2012~2013  Those who love Noh: an enquiry into the world of Noh amateurs  
全件表示(6件)
■ 講師・講演
1. 2019/10/06 演目解説〈高砂〉
2. 2019/07/14 演目解説〈道成寺〉
■ ホームページ
   https://diegopellecchia.com/
■ 受賞学術賞
1. 2013 IFTR New Scholars’ Prize
■ 現在の専門分野
日本伝統芸能, 演劇学, 美学, 伝統芸能, 美学, 伝統芸能 (キーワード:能楽、Cognition、美学、演劇学、能楽、Cognition、美学、演劇学、能楽) 
科研
■ researchmapその他
1. 2016/04 Planning, developing and content creation for the JPARC - Noh website
2. 2016/08 Translations of subtitles for Noh theatre performances (Hinoki Shoten)
3. 2017/10 English translation and editing of the pamphlet for the new noh 'Omokage'.
4. 2020/04 宇高通成についてのドキュメンタリー映画:字幕作成・編集