研究キーワード:分子生物学,応用健康科学
    (最終更新日:2022-08-04 23:38:15)
  イシトビ ヒロユキ   ISHITOBI HIROYUKI
  石飛 博之
   所属   京都産業大学  現代社会学部 健康スポーツ社会学科
   職種   准教授
業績
■ 学会発表
1. 2020/02 Senescence accelerated mice as a new mouse model for aging related osteoarthritis Development(Orthopaedic Research Society (ORS))
2. 2019/03 老化促進モデル(SAMP8)マウスは早期に軟骨下骨の変化に伴う変形性膝関節症を発症する(第32回日本軟骨代謝学会)
3. 2018/10 Exosome型miRNAの投与は老化促進マウス(SAMP8)における軟骨破壊を軽減する(第33回日本整形外科学会基礎学術集会)
4. 2018/10 老化促進モデル(SAMP8)マウスは早期に軟骨下骨の変化に伴う変形性膝関節症を発症する(第33回日本整形外科学会基礎学術集会)
5. 2018/07 SAMP8マウスにおける変形性関節症の発症メカニズムについて(第33回老化促進モデルマウス(SAM)学会学術大会)
全件表示(73件)
■ 著書・論文歴
1. 2019 その他  A Novel Mucidosphaerium sp. Downregulates Inflammatory Gene Expression in Skin and Articular Cells. Altern Ther Health Med.   
2. 2018 その他  A novel Mucidosphaerium sp. from Beppu hot spring down-regulates inflammatory gene expression in skin and articular cells Alternative Therapies in Health and Medicine   
3. 2018 その他  Carnosic acid attenuates cartilage degeneration through induction of heme oxygenase-1 in human articular chondrocytes. European Journal of Pharmacology   
4. 2017/09 その他  Mitochondrial Regulation in the Pathogenic Process of Inflammatory Arthritis by Microalgal Mucidosphaerium Species Molecular Medicine: Current Aspects   
5. 2016 その他  Carnosic acid protects starvation-induced SH- SY5Y cell death through Erk1/2 and Akt pathways, autophagy, and FoxO3a International Int J Food Sci Nutr   
全件表示(18件)
経歴
■ 学歴
1.
(学位取得)
筑波大学 体育修士
2.
(学位取得)
筑波大学 医学博士
3. 2006/04~2010/10 筑波大学 人間総合科学研究科 分子情報生体統御医学
4. 2004/04~2006/03 筑波大学 体育学研究科 健康教育学
■ 職歴
1. 京都産業大学 現代社会学部健康スポーツ社会学科
2. 2021/04~ 京都産業大学 現代社会学部 健康スポーツ社会学科 准教授
3. 2017/04~2021/03 京都産業大学 現代社会学部 健康スポーツ社会学科 助教
4. 2017/04~ 京都産業大学 現代社会学部 健康スポーツ社会学科 助教
■ 所属学会
1. 日本体力医学学会
2. 日本抗加齢医学会
3. 日本農芸化学会
その他
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2021/04  運動時の心理的ストレスを反映するマーカーとしての分泌型microRNAの可能性  
2. 2016/04~2018/03  ExosomeによるOA早期マーカー探索と運動・栄養効果のモニタリング指標の確立  
3. 2014/04~2017/03  日本学術振興会特別研究員(PD) 医歯薬学 変形性関節症におけるExosome の役割と治療応用  
■ 受賞学術賞
1. 2018/07 第33回老化促進モデルマウス(SAM)学会学術大会 若手研究奨励賞 (SAMP8マウスにおける変形性関節症の発症メカニズムについて)
2. 2010/05 日本実験動物学会 最優秀論文賞 (日本実験動物学会) (Flk1-GFP BAC Tg mice: an animal model for the study of blood vessel development Exp.Animals 2010;59(5):615-22)
■ 現在の専門分野
生命、健康、医療情報学, 栄養学、健康科学, 分子生物学 (キーワード:分子生物学,応用健康科学)