研究キーワード:ポーランド、記憶、ポスト社会主義、都市、映画、炭鉱、ホロコースト、文学、ユートピア、団地、文化遺産、社会学、SF、映画、ポスト社会主義、社会主義、記憶、都市、ポーランド、炭鉱、ホロコースト、文学、ユートピア、団地、文化遺産、社会学、SF、映画、ポスト社会主義、社会主義、記憶、都市、ポーランド
    (最終更新日:2023-06-06 17:11:14)
  スガワラ ショウ   SUGAWARA SHO
  菅原 祥
   所属   京都産業大学  現代社会学部 現代社会学科
   職種   准教授
業績
■ 学会発表
1. 2023/03/11 「団地ドラマはユートピアの夢を見るか?――ポーランドのコメディ・ドラマ『オルタナティヴ4』を中心に」(オンライン・シンポジウム「各国映像メディアにおける団地表象の比較研究」)
2. 2022/03/30 「自然としてのボタ山——ポーランド、シロンスク地域におけるその意味づけ」(2021年度日本スラヴ学研究会研究発表会(パネル発表「鉱山の光景」))
3. 2021/11/28 「社会主義時代のポーランドの SF 映画――P. シュルキンの〈ディストピア四部作〉を中心に」(日本スラヴ学研究会オンライン・シンポジウム「スラヴ世界の SF—K. チャペック『ロボット』初演 100 周年によせて」)
4. 2021/06/26 「炭鉱経験を再考する――ポーランド、カトヴィツェ郊外のアマチュア画家グループの考察から」(日本ロシア文学会・日本スラヴ学研究会共催シンポジウム「記憶と創造の中の祖国・歴史・越境:ロシア・東欧における文化と変容」)
5. 2021/02/14 「ポーランドにおける炭鉱経験の表象——カトヴィツェ市周辺の炭鉱住宅をめぐって」(2020年度東欧史研究会2月例会(関西例会))
全件表示(16件)
■ 著書・論文歴
1. 2023/03 論文  「スラヴ世界のSF Part2 ――スタニスワフ・レムとその周辺」(シンポジウム報告) スラヴ学論集 (26),7-9頁  
2. 2022/05 論文  「ピョトル・シュルキンの〈ディストピア四部作〉 ――外部への脱出を求めて」 スラヴ学論集 (25),49-61頁  
3. 2022/03 論文  「収容所の過去を再解釈するということ――『パサジェルカ』映画版と小説版をめぐって」 京都産業大学論集 人文科学系列 (55),91-118頁  
4. 2021/12 その他  『ホロコーストとヒロシマ――ポーランドと日本における第二次世界大戦の記憶』  91-133頁 (共著) 
5. 2021/03 論文  「『社会学的テクスト』としてのSF文学の可能性 ――『時間の社会学』の観点から読む『所有せざる人々』」 京都産業大学論集 社会科学系列 (38),75-96頁  
全件表示(25件)
経歴
■ 学歴
1.
(学位取得)
京都大学 博士(文学)
2.
(学位取得)
京都大学 修士(文学)
3.
(学位取得)
京都大学 博士(文学)
4.
(学位取得)
京都大学 修士(文学)
5. 2008/04~2011/03 京都大学 大学院文学研究科(博士後期課程単位取得後退学)
全件表示(8件)
■ 職歴
1. 京都産業大学 現代社会学部
2. 京都産業大学 現代社会学部
3. 2022/04~2022/09 京都大学 文学部
4. 2019/04~ 京都産業大学 現代社会学部 現代社会学科 准教授
5. 2019/04~ 京都産業大学 現代社会学部
全件表示(17件)
■ 所属学会
1. ロシア・東欧学会
2. 日本スラヴ学研究会
3. 日本社会学会
4. 関西社会学会
■ 資格・免許
1. 2013/06 専門社会調査士
2. 2013/06 社会調査士
その他
■ 社会における活動
1. 2022/08 「映画に映し出されたポーランド現代史:戦争・抵抗・記憶」
2. 2021/06~2021/06 第72回関西社会学会大会 大会実行委員
3. 2016/12 「社会主義体制の『光と闇』――ポーランド、ノヴァ・フータの過去と現在」
4. 2016/03 O tyskim osiedlu A dowiedzą się w Japonii
5. 2015/12 「ポーランド映画の誘惑――映画で学ぶ戦後東欧史」
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2023/04~2027/03  トラウマ空間におけるメモリーワークと復興事業の文化人類学的研究 基盤研究(B) 
2. 2021/04~2025/03  ロシア・中東欧のエコクリティシズム:スラヴ文学と環境問題の諸相 基盤研究(B) 
3. 2020/04~2024/03  冷戦期における時間的・空間的想像力および生活空間の変容をめぐる比較研究 基盤研究(B) 
4. 2020/04~2023/03  冷戦期の東欧における社会主義体制の比較研究:権威主義の強靱姓を解明するために 基盤研究(C) 
5. 2019/07~2023/03  もの、語り、アート、宗教にみるトラウマ体験の共有と継承:ホロコーストと原爆投下  
全件表示(12件)
■ 委員会・協会等
1. 2022/06~ 日本スラヴ学研究会 『スラヴ学論集』編集委員長
2. 2021/06~ 日本スラヴ学研究会 企画編集委員
■ ホームページ
   https://sugawarablog.wordpress.com/
   https://sugawarablog.wordpress.com/
■ 受賞学術賞
1. 2009/06 関西社会学会 第60回関西社会学会大会奨励賞
■ 現在の専門分野
地域研究, 社会学, 地域研究, 社会学, 地域研究, 社会学 (キーワード:ポーランド、記憶、ポスト社会主義、都市、映画、炭鉱、ホロコースト、文学、ユートピア、団地、文化遺産、社会学、SF、映画、ポスト社会主義、社会主義、記憶、都市、ポーランド、炭鉱、ホロコースト、文学、ユートピア、団地、文化遺産、社会学、SF、映画、ポスト社会主義、社会主義、記憶、都市、ポーランド) 
科研
■ 科研費研究者番号
80739409
■ 担当経験のある科目
1. エコノミクス・ワークショップ(東欧における経済変化と労働環境)(同志社大学)
2. エリアスタディ(佛教大学)
3. フィールドワークの方法(開智国際大学)
4. マネー論(甲南女子大学)
5. メディア学入門(京都学園大学)
全件表示(22件)