(最終更新日:2018-10-14 15:50:45)
  タナハシ ヤスユキ   TANAHASHI YASUYUKI
  棚橋 靖行
   所属   京都産業大学  生命科学部 先端生命科学科
   職種   准教授
業績
■ 学会発表
1. 2018/07/03 Possible involvement of TRPM4 channels in the cholinergic contractile responses in mouse detrusor and ileal smooth muscles(WCP2018 Kyoto)
2. 2018/07/02 M2 muscarinic receptor mediates arginine-vasopressin synthesis possibly through decreasing presynaptic GABA release in the supraoptic nuclei(WCP2018 Kyoto)
3. 2017/09/14 Inhibitory regulation of human Piezo1 channel by Ca2+(第160回日本獣医学会学術集会)
4. 2017/09/14 マウス結腸輪走筋のコリン作動性神経ー平滑筋伝達におけるM2およびM3ムスカリン受容体サブタイプの役割(第160回日本獣医学会学術集会)
5. 2017/02/23 機械受容チャネルPiezo1の薬理学的性質とイギリスにおける動物実験の実情(京都産業大学 総合生命科学部 バイオフォーラム)
全件表示(56件)
■ 著書・論文歴
1. 2018 論文  Muscarinic suppression of ATP-sensitive K+ channels mediated by the M3/Gq/11/phospholipase C pathway contributes to mouse ileal smooth muscle contractions. (共著) 
2. 2018 論文  Possible antagonistic effects of the TRPC4 channel blocker ML204 on M2 and M3 muscarinic receptors in mouse ileal and detrusor smooth muscles and atrial myocardium. (共著) 
3. 2018 論文  Muscarinic M2 receptor promotes vasopressin synthesis in mice supraoptic nuclei. (共著) 
4. 2017 論文  Picomolar, selective, and subtype-specific small-molecule inhibition of TRPC1/4/5 channels (共著) 
5. 2016 論文  Inhibitory effects of SKF96365 on the activities of K+ channels in mouse small intestinal smooth muscle cells(共著)  
全件表示(18件)
経歴
■ 学歴
1. 岐阜大学大学院連合獣医学研究科 博士課程修了 獣医学博士
■ 所属学会
1. 日本獣医学会
2. 日本平滑筋学会
3. 日本薬理学会
その他
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~2016/03  ムスカリン受容体の腸管運動制御におけるATP感受性Kチャネルの役割とその分子実態 若手研究B (キーワード:薬理学、生理学、シグナル伝達、腸管運動、ATP感受性Kチャネル)
■ ホームページ
   http://www.kyoto-su.ac.jp/department/nls/sennin/doubutu/tanahashi.html
   http://www.kyoto-su.ac.jp/graduate/g_ls/kyoin/tanahashi.html
   http://www.kyoto-su.ac.jp/liaison/sankangaku/seeds/nls.html
■ 受賞学術賞
1. 2012 日本比較薬理学・毒性学会奨励賞
■ 現在の専門分野
薬理学一般, 生理学一般, 獣医学 (キーワード:平滑筋、受容体、イオンチャネル、Ca2+、ストレス)