イトウ マサタカ   ITO MASATAKA
  伊藤 正隆
   所属   京都産業大学  経営学部 マネジメント学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/10
形態種別 研究論文
標題 上位者によるコントロールが予算スラックの形成に与える影響に関する実証研究
執筆形態 単著
掲載誌名 京都マネジメント・レビュー
掲載区分国内
出版社・発行元 京都産業大学マネジメント研究会
巻・号・頁 (33),1-17頁
総ページ数 17
著者・共著者 伊藤正隆
概要 予算スラック研究における課題として,その測定問題および形成メカニズムの解明があげられる。本研究の目的は,予算スラックに関して異なる尺度で測定された変数間の関係,および上位者によるコントロールが予算スラックの形成にいかなる影響を及ぼしているのか,について明らかにすることである。東京証券取引所に上場する企業を対象とした質問票調査によるデータを用いてパス解析を行った結果,(1)下位者における予算スラックの形成傾向が高くなると,予算スラックの形成が促進されること,(2)上位者が予算を最終決定することは,予算スラックの形成を直接的に抑制すること,(3)上位者が詳細な進捗管理をすることは,下位者における予算スラックの形成傾向を通じて間接的に予算スラックの形成を抑制すること,そして(4)下位者の自己防衛を促すような上位者によるコントロールは,下位者における予算スラックの形成傾向を通じて間接的に予算スラックの形成を促進することが明らかになった。