ツゲ ヒデアキ   TSUGE HIDEAKI
  津下 英明
   所属   京都産業大学  生命科学部 先端生命科学科
   職種   教授
研究期間 2015/04~2018/03
研究課題 ADPリボシル化酵素C3のRhoGTPase認識機構の解明
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 基盤研究(C)
科研費研究課題番号 15K08289
キーワード C3, RhoA, structure, ARTT-loop
研究制度 その他の研究制度
代表分担区分 研究代表者
概要 C3 enzymeは1989年の以来、そのRhoAに対する特異性から、Rhoシグナルカスケードを知るための重要な道具として用いられてきた。C3およびRhoAそれぞれ単体の構造解析はなされてきたが、多くの情報をもたらす複合体のX線結晶構造解析は長く期待されていたが、なされていなかった。この研究で、その複合体構造を明らかにした。特に重要な点は、RhoAとのタンパク質特異性と修飾されるアミノ酸の特異性を明らかにした点である。上記の結果を、Journal of Biological Chemistry誌(J Biol Chem. 7;290(32):19423-32. (2015))に発表した。さらにEuropean Workshop on Bacterial Protein Toxins(ETOX17)で招待され口頭講演を行った。またC3とRhoAのお互いの認識するための構造柔軟性についてPathogen Disease誌(Pathog Dis. 73(9)(2015))にレビューをまとめた。