ツゲ ヒデアキ   TSUGE HIDEAKI
  津下 英明
   所属   京都産業大学  生命科学部 先端生命科学科
   職種   教授
研究期間 2000~2000
研究課題 リソゾーム由来の新カスパーゼ3活性化酵素と肝癌におけるこの欠如
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 科学研究費助成事業 特定領域研究(C),特定領域研究(C)
科研費研究課題番号 12215151
連携研究者 勝沼 信彦,津下 英明
概要 要約:癌細胞はアポプトーシスから免れている細胞であるということは、癌が癌である為の最も大切な共通の性質であり、今まで全くわかっていなかった。平常細胞のリソゾームには2種のプロカスパーゼ3を活性化する酵素があることを発見している。更に、高分子50kDaの方だけが特定の引き金により細胞質に遊離してプロカスパーゼ3を活性化することにより、アポプトーシスに関与することがわかっている。我々の調べた5種類の肝癌培養細胞では両者ともに非常に低値であった。その他の7種の癌では18kDaのものは非常に高値であったが、50kDaのものは全てに欠如していた。即ち12種の全ての癌に50kDaのリソアポプターゼが欠如しており、これが癌細胞にアポプトーシスが起こらない原因と考えられる。研究目的:癌の最も特徴的な性格の1つは、アポプトーシスから免れていることである。我々はその理由の1つとして、50kDaリソアポプターゼを欠如していることを明らかにした。50kDaのリソアポ