ウチダ ケンイチ   UCHIDA KENICHI
  内田 健一
   所属   京都産業大学  外国語学部 ヨーロッパ言語学科
   職種   准教授
研究期間 2017~2018
研究課題 ダンヌンツィオ『讃歌』におけるヨーロッパ文学の影響
実施形態 その他の補助金・助成金
研究委託元等の名称 京都産業大学
研究制度 (選択しない)
代表分担区分 研究代表者
概要 ガブリエーレ・ダンヌンツィオ(1863-1938)の代表的詩集『空と海と陸と英雄の讃歌』(1903-04)は、イタリア文学を中心に、ギリシア・ローマの古典文学、そしてフランス文学などから多大な影響を受けている。ダンヌンツィオの蔵書を調査することによって、『讃歌』における古今のヨーロッパ文学の影響を明らかにすることが、本研究の目的である。また『讃歌』の翻訳・注釈を同時に進めることによって、ダンヌンツィオの詩人の側面を日本で初めて紹介することも、本研究の目的である。